YASHIMA SLACKLINES

YASHIMA SLACKLINESの活動を記録するブログです。 イベントや練習・講習情報を発信していきます。



1/27(土) スラックライン体験会 in 矢島体育センター

なぜかスーツで登場したS氏

今週は寒波に見舞われ、本日に至るまで矢島では雪に次ぐ雪です。この雪ですので、本日の参加者は少なめ。ですが、その分ラインに乗る時間が増え内容の濃い練習ができたと思います。

 

 

 

初級ライン

本日は人も少なかったのでラインの本数を減らしました。40センチほどの高さで歩行やスタティックの練習です。

 

中級ライン

最近バットバウンスの練習を始めたメンバーがいるのでこちらはトリック用です。もちろん歩行でも使えます。目線が上がるだけで緊張感が増して難しく感じます。

メンバーのT氏はバットバウンスでライン上に立てる確率が上がってきました。このトリックは練習当初に激しい「尻の痛み」に襲われると業界では有名です。この痛みに慣れる(感じなくなる)とガッツリ練習に取り組めるようになります。

どうやったら慣れるか?ひたすら練習しまくるのみです。

  

Aフレーム

体育館、または外での練習に欠かせないアイテムがこの「Aフレーム」。

矢島スラックラインズのAフレームは最年長メンバーのS氏が丹精込めて製作したものです。

 

Aフレームはスラックラインを設置する際に、支柱にかかる負荷を軽減したり、ラインのネジレを抑止する目的で使用します。バレーボールの支柱などをアンカーにする場合、支柱の根本からラインを取らなければテコの原理で支柱が曲がってしまう恐れがあります。

備品をお借りしている以上、破損は避けるべきです。そういった理由からAフレームは必要不可欠なんですね。

 

ここでみなさんにお知らせです。

もし、Aフレームが欲しいという方がいれば お問い合わせ よりご連絡ください。他チームからお求めいただいたりもしています。

高さは3種類です。屋外用、屋内用が選択できます。

お問い合わせの際は下記の記載をお願いします。後ほど製作費用などを返信しますので、ご検討ください。

 

  • 高さ:40cm、60cm、90cm
  • 種類:屋外用、屋内用
  • 数量:●●個(※2個1組で1セット)

 

屋内用はAフレームの足底にゴムが張ってあり、滑りにくくなっています。

 

Aフレームが開きすぎないようにするストッパーの穴も面取りしてあり、マイルドな仕上がりになっています。

 

次回実施予定

  • 2018/02/04(日) 13:00〜16:00
  • 場所:秋田県由利本荘市矢島町 
  • 参加費(施設利用料):大人100円 中学生以下無料(大人は体験する場合のみ)
  • 持ち物:上履き(必須)、タオル、飲み物、暖かい服装
  • 内容:歩行用ライン(3本)、トリックライン(1本)